妊娠線が残ってしまったら保湿クリームでやっけよう

肉割れ予防のための対策

お腹

保湿クリームの選び方

妊娠線の予防で大事なのは、お腹がだんだん大きくなる妊娠中期にしっかりと対策をすることです。特に太ももやおしり、お腹といった妊娠線ができやすい箇所は専用のクリームやオイルを使って、重点的に保湿しましょう。妊娠線ケア専用のクリームは妊娠中に使うことを想定しているので、使い勝手がいいことが大きな魅力です。妊娠中には気をつけたほうがいい成分や、刺激となってしまう成分が使われていないので安心して使うことができます。さらに大きくなったお腹に簡単に塗れるようにポンプ式だったり、肌に伸ばしやすいタイプだったりすることも特徴です。このような妊娠線を予防する保湿クリームを選ぶ場合、ヒアルロン酸やセラミドが含まれたなるべく長い時間潤いが持続するタイプにしましょう。肌が乾燥していると無意識のうちに掻いてしまい肌をいためてしまうことがあり、刺激に弱くなることで妊娠線につながってしまうことがあります。また、ビタミンC誘導体やシラノール誘導体といった肌の内部まで保湿成分が浸透するタイプだと、真皮まで守ることが可能です。このような成分が含まれたクリームを使いながら、食事での栄養のバランスにも気を使いましょう。コラーゲンをつくるために大切なたんぱく質やビタミンC、皮脂の分泌をサポートするビタミンEを摂取することをおすすめします。さらに急激に体重が増えてしまうことがないように、運動も適度に行うと筋力がアップして妊娠線を防げます。