妊娠線が残ってしまったら保湿クリームでやっけよう

お腹

肉割れ予防のための対策

妊娠線を予防するためには保湿を行うのが大事です。専用のクリームならば妊娠中にも使いやすいだけでなく、成分の面でも優れています。また、栄養のバランスにも気をつけて、適度な運動をすると体の内部から妊娠線を予防することが可能です。

クリーム

一番大事なケア方法とは

妊娠線を予防したいときに、もっとも重要なのが「保湿」ケアです。肌に潤いを与え、引っ張る力に強い状態をキープできれば、細胞に傷がつくことも防げるはずです。より保湿力が高く、妊娠線予防という明確な目的のもとで作られた、妊婦専用商品を使うのがオススメです。

保湿が大切です

化粧品

気を抜かずこまめなケアを

妊婦の役9割の人が経験しているともいわれている妊娠線ですが、きれいなお母さんを目指すプレママさんにとっては何としても防ぎたいものと言えるでしょう。妊娠線ができる原因は、お腹が大きくなるスピードに皮膚がついていけなくなることにあり、それも皮膚の表面ではなく深い部分の真皮の部分であるといわれています。また、妊娠中はホルモンバランスが変化することにより、普段よりも肌の再生能力が低くなっていることも妊娠線をできやすくする要素になっています。妊娠線を予防するには、毎日の保湿ケアが最も重要になってくるため、お風呂上りに妊娠線防止クリームをぬるといったケアを欠かさないようにしたいものです。乾燥の季節であったり、アトピーのある人は特に念入りに行う事が好ましく、毎日の習慣として取り入れていきましょう。妊娠線ができる場所はお腹だけではなく、バストやヒップにできたり、中には人目に付きやすい足や二の足に広範囲にできてしまう場合もあるため、妊娠によってサイズアップしている場所は合わせて保湿ケアをしておくと安心です。クリームを使った保湿ケアは、クリームをたっぷりと使う事が大切です。そのため、いくら高い効果が期待できるからと高価なクリームを購入しても、節約のために少量しか使わないのであれば効果も半減してしまいます。したがって、どのように効果的な商品を選ぶかというのもポイントと言えるでしょう。また、安産のためにも、体重の増加が緩やかになるような食生活を続けていくのも大切です。

お腹

実は経産婦の方が危険です

妊娠線のリスクが高いのは、初産婦よりも経産婦です。お腹が大きくなりやすい、ケアが疎かになりがち、根拠のない自信を抱きがちなど、さまざまな理由が関連しているのでしょう。経産婦の場合8割程度の女性が妊娠線に悩まされているので、専用クリームで徹底的にケアすると良いでしょう。